読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~より良い海外旅行へ~

元旅行会社社員が、少しでも良い海外旅行になるための知識をだらだらと紹介していきます。おすすめの観光地やホテル、レストラン等から、実際に行った事のある場所についてご紹介します('ω')/

イタリア・フィレンツェ観光|おすすめ美術館・ウッフィツィ・アカデミア

新年明けましておめでとう御座います。m(__)m

私、年男です。

24歳か36歳か、はたまた48歳か。。

ご想像にお任せ致します。笑

 

新年一発目で御座いますが、今回はフィレンツェです。

f:id:milk3694:20170104160602j:plain

色々な国、町へ行きましたが一番好きな町です。

皆さんが知っているであろう有名な偉人の方々も、ここフィレンツェトスカーナ)から多く輩出されています。

フローレンス・ナイチンゲール(白衣の天使)
◆ロレンツォ・デ・メディチメディチ家最盛時当主)
ダンテ・アリギエーリ(神曲
ガリレオ・ガリレイ天文学の父)
ミケランジェロ・ブオナローティルネサンス期の「万能人」)
レオナルド・ダ・ヴィンチ(人類史上最多才)

 

そんなフィレンツェですが、町並みを目の前にして圧倒的な雰囲気に魅了されました。町自体はさほど大きくないのですが、町全体がまさに美術館です。どこにいても見渡せば、何かしらの作品が目に入ります。

【花の都】【芸術の都】と呼ばれているのは頷けます。

 

【30%がフィレンツェにある】

この数字が何を表しているかお分かりになる方はいらっしゃいますか?

答えは重要文化財です。

なんと、世界全体で認定されている重要文化財の作品の30%がフィレンツェにあるのです。

ルネサンス発祥の地とも言われる由縁ですね。ルネサンス全盛期には数多くの天才と呼ばれる美術家・芸術家達がおり、その腕を競い合いました。そして、現在ではその後を追うように現代の方たちが、素晴らしい作品を創り上げています。

そういった背景から、世界から認められる作品が数多く存在しています。

 

今回はそんなフィレンツェにある、私が個人的にも絶対におすすめする、一度は必ず訪れたい【美術館】をご紹介致します!!

2つだけですので是非とも両方行って下さい!

 

 

【ウッフィツィ美術館】

フィレンツェで最も有名な美術館ではないでしょうか。この美術館は16世紀にフィレンツェを統治していたメディチ家により建てられました。

数え切れないほどの名画、名品がありますがやはり見所はこれでしょうか(/・ω・)/

◆「ヴィーナスの誕生」 ボッティチェッリ

◆「春」 ボッティチェッリ

上記2つの作品は人生で一度は見ておきたいですね。

ウッフィツィ美術館には2500点を超える展示作品があるので、全てを1日で見るのは不可能に近いので、ある程度鑑賞する作品を選出しておきましょう!

 

アクセス

ドゥオモからヴァッケレッチャ通りを目指し、ヴェッキオ宮を目指します。その、ヴェッキオ宮のすぐ横に建っています。歩いて1分程でしょうか。ドゥオモからは6分程で到着します。

しかし、注意点があります!ウッフィツィ美術館には入口が3つあります!!

そして、間違った入口に並ぶと時間がもったいないです。。ので、しっかりご自身が何番の入口か把握しておきましょう。

1番入口:予約者専用

2番入口:予約なし、当日購入

3番入口:予約入場券受け取り窓口

 

開館時間

08:15~18:50 (16:45が最終入場となります。)

 

休館日

毎週月曜日

01/01、05/01、12/25

 

料金

大人:8ユーロ

子供(18歳未満):無料

 

所要時間

すーっとみて3~4時間程度です。じっくり観たら1日では終わりません!!

 

写真

フラッシュ撮影は禁止です!! 通常の撮影は大丈夫でっす。

 

予約

事前予約は2つの方法があります。

①公式サイト  Sito ufficiale biglietti Firenze Musei Uffizi e Accademia

②旅行代理店(JTBH.I.S. 等)

公式サイトは日本語ではありませんので、ご注意下さい。

旅行代理店でお願いする場合は、手配手数料が別途かかります。¥1,000~2,000-程。

日本の町中にあるJTBH.I.S.の店舗に行き、「入場券の事前予約をしたい」とスタッフに言えば手配してくれます。

また、旅行代理店のサイトでもご自身で予約可能ですので、下記サイトをご参照下さい。

www.jtb.co.jp

activities.his-j.com

 

その他

・館内はトイレが少ないです!事前に済ませておきましょう。

・日本語版音声ガイドを借りる事をおすすめします。6ユーロ程。その作品の背景等を知る事が出来、楽しみが増えます。

・事前に予約等をしていない場合は、朝一かランチタイム時、もしくは、16:00以降であればあまり混まず入場出来るかと思います。

 

 

 

 

【アカデミア美術館】

通年を通して長蛇の列が作られるアカデミア美術館。予約なしでは1時間は並ぶかと思います。来場されるほとんどの方が一番観たいものは、やはりダヴィデ像 (作:ミケランジェロ)」でないでしょうか。その圧倒的な存在感には圧倒されることでしょう(大きいです。高い:4m34cm   重さ:19t)。

今では世界的に有名なアカデミア美術館ですが、もともとはフィレンツェ美術大学の付属施設として建設されました。所属する学生のために数多くの美術品を貯蔵したことが事の始まりです。

 

アクセス

ドゥオモから見て、ちょうどウッフィツィ美術館の反対側にアカデミア美術館はあります。ドゥオモからジョルジョ・ラ・ピラ通りをまっすぐ進めば、着きますので迷うことはないでしょう。徒歩で10分かからない程度です。

 

開館時間

08:15~18:50 (17:30が最終入場となります。)

 

休館日

毎週月曜日

01/01、05/01、12/25

 

料金

大人:11ユーロ

子供(18歳未満):無料

※現在は、現地での入場券購入はクレジット不可ですのでご注意下さい。

 

所要時間

1~1.5時間程度

 

写真

ウッフィツィ美術館と同様にフラッシュ撮影は禁止ですので、ご注意下さい。

 

予約

事前予約は2つの方法があります。

①公式サイト  

http://en.firenze.waf.it/museo_dett/27-state-museums/3174-the-accademia-gallery.html?tourtype=27&idtour=117

②旅行代理店(JTBH.I.S. 等)

公式サイトは日本語ではありませんので、ご注意下さい。

旅行代理店でお願いする場合もウッフィツィ美術館の場合と同様です。

www.jtb.co.jp

activities.his-j.com

 

 

 

ざっくりとですが、以上が私がおすすめする2つの美術館ですm(__)m

ウッフィツィ美術館とアカデミア美術館は本当に世界的に有名な美術館であり、日々世界中からたくさんの方が訪れます。

フィレンツェを訪れる方は、芸術に興味をお持ちの方がほとんどだと思います。

ヨーロッパ旅行は日数や予算の関係上、なかなか行く事が出来ないかと思いますので、後悔しないために、上記2つの美術館を絶対に訪れたい場合は、必ず事前に予約をしましょう。チケット購入時間は、旅行中では本当に無駄な時間となってしまいます。

ミラノにある「最後の晩餐」等は事前予約が必須です。こういった美術館も少なくありませんので、気持ちよく観光するためにも予約をしていきましょう!

f:id:milk3694:20170104195328j:plain

 

どうでもいい話しですが、私、先程日本に帰ってきました。笑

ただいま日本!

今年の年越しはシンガポールでした。最高でした!

機会があればシンガポールもご紹介出来ればと思います。

 

終わり