読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~より良い海外旅行へ~

元旅行会社社員が、少しでも良い海外旅行になるための知識をだらだらと紹介していきます。おすすめの観光地やホテル、レストラン等から、実際に行った事のある場所についてご紹介します('ω')/

イタリア旅行|ヴェネツィア本島までの移動は!?空港からのアクセス!!

皆様こんにちは('ω')ノ

前回から少し間をおいてしまいました。。すいません。。。

 

さてさて、今回はイタリア旅行編最終回【水の都 ヴェネツィア】です。

f:id:milk3694:20170116213706j:plain

知っている方がいれば教えて欲しいのですが、「ヴェネツィア」と「ベネツィア」ってどっちが正しいのでしょうか・・・?まーそれはおいといて、、

まず、ヴェネツィアは日本からの直行便は現在就航していません。2,3年程前に私が行った時は、アリタリア航空が、成田(NRT)-ヴェネツィア(VCE)で直行便を出していたので楽でしたが('ω')

残念ながら現在は、乗り継ぎで行くしかありません!

そしてそして、ヴェネツィアの空港「ヴェネツィア・テッセラ空港」か

ら、ヴェネツィア本島(市内)までは少し距離があります( ゚Д゚)

(基本的にどの国に飛行機で行っても、空港から市内までは距離があります!!成田空港と東京市内までも同様で離れてますしね。。)

観光のスケジュールを立てるのは大事ですが、空港から本島に行く手段は大丈夫ですか?意外とここは忘れがちです!

実は行き方には5パターンあるんです。知ってました??

 

まず大きく分けて2つあります。水路か陸路か!!

せっかくなので、水路で行く方が多いですが、、、

下の地図をご覧ください('ω')

意外と距離がありますね~

緑色が陸路、青色が水路となります!下記に詳細をご紹介します!

 

 

①陸路

一番安く行けるのが陸路です!

まず、陸路の条件としてローマ広場までしか行けません。ローマ広場からは水上バスや徒歩等で、本島の中心に行く必要があります。

ヴェネツィアは石畳なので重いスーツケースを引きながら歩くのは少々つらいでしょう。。

 

陸路の方法は下記の3つです。

1.シャトルバス  約20分、6ユーロ

2.路線バス    約30分、6ユーロ

3.タクシー    約20分、35~40ユーロ

 

毎度おなじみですが、ぼったくりタクシーには注意下さいね。

私個人としては、陸路はあまりおすすめ出来ません。

せっかくのヴェネツィアなら、海から本島を眺めつつ優雅に行った方がいいんでね('Д')?って思います。笑

ですが、経済的に行かれたい方は陸路で決まりです!また、ローマ広場付近にホテルをとっている方は、間違いなく陸路ですね!!

 

ちなみにバスのチケットは空港内で購入します。

到着ロビーの左側に「PUBLIC TRANSPORT TICKETS」と書かれているカウンターがありますので、そこで購入です。

 

 

 

②水路

水路では下記の2通りです。

1.水上バス    約30分、15ユーロ 

2.水上タクシー  約30分、100ユーロ~

 

皆さん、水上タクシーの料金は間違ってないですよ?100ユーロです!

f:id:milk3694:20170116225855j:plain

この写真の真ん中のです!結構皆さんがヴェネツィアって聞いて想像する乗り物ですよね。高いのです。。

正直値段は交渉次第です。高いと150ユーロとかかかりますね。

絶対に水上タクシーに乗りたい!という事ではないなら水上バスで十分だと思います。景色もいいですし('Д')

水上タクシーは行きたい場所、ホテルまでダイレクトで行ってくれます!

水上バスはいくつかの停留場に止まります。停留場の中には、【リアルト橋】や【サン・マルコ広場】もありますので、本当に本島の真ん中まで行けます!!

ちなみにリアルト橋とは下の写真のものです。有名ですね。

f:id:milk3694:20170115182057j:plain

 水上バスのチケットも、上記でご紹介した「PUBLIC TRANSPORT TICKETS」で購入が可能です。

 

 

本島までのアクセスは以上です。

せっかくのヴェネツィア旅行なので、自分に合った方法で行ってみてください!

あと一つだけ。

是非ともイカスミパスタ食べてください。本当に美味しいです。ほのかに甘いです。旨さの甘味とでもいうのでしょうか。

是非ご賞味あれ('ω')ノ

f:id:milk3694:20170115181609j:plain

 

 

 

終わり